Hackslider ドリフトジャイロ




●ドリフト用ファームウェア採用
●ジャイロの動作方向を反転可能
●冷却性の高いアルミヒートシンクケース
●送信機の3ch機能から遠隔操作で感度調整を行うことができます

サイズ:25.6×24.5×10mm
重量:13.5g
動作電圧:6V
調整用ドライバー付
英語取説
ブラック ガンメタル ピンク

品番
品  名
希望小売価格
(税別)
YE-0021BK
Hackslider ドリフトジャイロ ブラック
\6,800
YE-0021GM
Hackslider ドリフトジャイロ ガンメタル
\6,800
YE-0021PK
Hackslider ドリフトジャイロ ピンク
\6,800



※搭載例



■LEDステータス
早い点滅 イニシャライズ中
ゆっくりな点滅 本体のダイアルでゲイン調整可能
点灯 送信機の3チャンネルからゲイン調整可能

スイッチ1 : サーボタイプセッティング、上側でアナログサーボ、下向きでデジタルサーボ
スイッチ2 : サーボの動作方向。 動作方向にあわせて切り替えます

■セット方法

Hacksliderの文字が上になるように車体に両面テープで取り付けてください。
(向きはコードが前または後ろになるようにしてください。※上記写真搭載例参照)

上の図のようにサーボ、受信機に接続し、3チャンネルを使用する場合は受信機の『CH3』に信号線1本のコネクターを接続して送信機の3チャンネルを割り当ててください。

車の電源をオンにすると、ニュートラル校正を行いLEDが速い点滅をします。 ジャイロが初期化されていることを意味します。

車体やジャイロ本体を移動したり、向きを変更しないでください。

LEDの早い点滅が停止し点灯になった場合は、初期化が完了し、送信機からの3チャンネルでのゲイン調整が可能な状態になっております。

LEDがゆっくりと点滅している場合は、初期化が完了し、3チャンネルへのつながりがない状態です。
このモードでゲインを調整するには付属のドライバーを使用します。反時計回りは減少、時計回りはゲイン増大となります。

最初はゲインを中間からお試しください。